2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
う?ん・・・困った・・・
2007/10/30(Tue)
魚釣りを長くやってるとよくある話。


知人とか友人に「今度釣りを教えてくれ?や!」と言われる。(笑)


ほしいかにとってこの一言が非常に困るのである。


釣りはほしいかにとって唯一無二の楽しみであり、誰にも邪魔されたくない時間なのである。

教えてくれと言われれば教えんこともないが、一緒にいってもまともに釣れたためしがない。
なぜなら、真剣に釣りをしようとしないのである。

そりゃあ本人は真面目に釣りをしているつもりであろうが、釣れない時間が長くなればだんだんだれてきて「な?んも釣れんじゃんか、おもろないのぉ?」とくる。

こうなるともうダメ・・・

教える気にならんのである。

そんなもん一回や二回やったくらいで魚が釣れる訳がない!



そこで最近は「教えてもええけど、まず道具を揃えてからじゃないと教えないよ???」と言うことにした!

人から借りた道具で釣りを始めたってろくなことはないのだ。
一回やってボーズをくらったら「もうええわ、やっぱ釣れんし道具を買わんでえかったわい」・・・

まんず自分で道具を買ってきて初めてスタートに立つくらいの心意気がほしい!
少なくとも「まず、道具を買うので立ち会ってくれ!」ぐらいは言ってほしいのである。


そういう訳で釣りを教える事を拒んでいたのであるが、最近ある知人から「道具も揃えるんで是非メバリングを教えてちょ!」と依頼があった。

そうなりゃ教えるしかない。


しかし、困った・・・

なぜなら、ほしいかは、いつも運を天にまかせたええかげんな釣りしかやってないので、まず運の掴み方を教える事になるのか?(爆)

いつも一緒に行ってる皆さんはよくご存知と思いますが、「なんでほしいかが釣れるんなぁ????」てなことが多い。(核爆)

確固たるメソッドを持っているわけでもなく、的確に潮を読み海底の状況を把握しているわけでもなく、なんか知らんがいつのまにかひょっこり釣ってるのがほしいかの釣りなのであります。(いつのまにか釣れてたというのが正解か!)


こんな先生についてくる生徒が悪いのだ!!!(超爆)


まあ、どこまで付いて来れるかわからんが、やれるとこまでやってみようか!
できれば自力でやってほしいもんですが・・・(やっぱりええかげんなヤツです!)


誰かぁ?、釣りを教えるのが上手な方、釣りの教え方を教えてちょ!(なんかややこしいな 爆)






おしまい


















この記事のURL | フィッシング | CM(23) | TB(0) | ▲ top
Time is fishing !
2007/10/29(Mon)
「時合い」



狙う魚種によっては、非常に重要な要素の一つであります。



釣り人ならばご存知とは思いますが、魚にとってのお食事タイムのことであります。


この「時合い」の時間帯を逃すことなく釣りをすれば、好釣果に恵まれる確率が高くなる。



昨日の釣り、まさに「時合いの釣り」の究極の形でしょうか!



狙いは巨乳!じゃなかった、巨鯵!!!
ショアから35cmを越える巨鯵を釣ろうということで行ってきました。


ポイントに着くと、まだ時合いまでは多少時間がある感じ。


なぜか緊張感に包まれながら、タックルをセットする。
鯵を釣る為のリグとしてメタルジグを使うせいもあるのだろうか。
普段、めったにメタルジグを使う釣りはしていない。



しばし、静寂の中でじっと時合いが来るのを待つ。






あまりにも夕日がきれいだったので、パチリ!




日が沈んだのを待っていたかのように、付近の海面で波紋が広がる。



やがて、波紋の数が増えてきて、あちらこちらで広がりはじめた!



どうやら時合いがきたようだ!



いざ!戦闘開始!!!



波紋が広がった付近にコントロールしてキャスト。



ジグが着水してカウントダウン。











ガツっ!



来たぁ???!!!



即アワセでヒット!!!



???



なんか軽い???



でも、なにがしかの重みはある。


クイっ、クイっと頭を振ってる感じもある。



マキマキ



マキマキ



なんか釣れとる。



巨鯵にしちゃあ軽すぎる???



手前まで寄せてみると




カマス!





ほっほぉ???!人生初のカマスゲットである。



体は小さいものの、なかなかのファイター!
メバリングロッドである83Deepなら、けっこう引きが楽しめるぞ???!



海面のあちこちでナブラがたっているが、カマスが餌の小魚を追い回してるのであろう。


キャストする度にアタリがあるものの、フックオンに至らない・・・


相変わらずヘタクソなのだ・・・



それでも休むことなくキャストを繰り返す。



1匹、2匹、3匹、4匹。



釣ったカマスは針から外して浜に放り投げ!


すぐにキャストせんことには時合いが終わってしまう。
もたもたしてるヒマはないのだ!



と、思っていたのに、海面が静かになってしまった・・・



どうやら終わったみたいです・・・



終わってみれば、あっけない感じ。(笑)
わずか40分ほどであろうか・・・
自分の中では10分しか経ってないような・・・



お???!時合い カムバックぅ???!!!



結局4匹で戦闘終了となりました。



肝心の巨鯵は同行者の方が1匹釣ったのでありますが、その姿は!!!であります!
ほんまにデカイ!!!
体長もさることながら、胴回りも太く、これがアジなのか!と驚くばかりであります。

ヒットしてから取り込むまでのファイトを目のあたりにしましたが、まさに驚愕の世界!!!
わずか一回目の釣行にして、この釣りに堕ちて行く自分が見えました!(爆)

なんとしてもこの手で巨鯵を釣ってみたい!
デンゴ釣り師のままで終わりたくない!(爆)





ご一緒してくださった皆さん。ありがとうございました!
また、よろしくお願いします!!!





続いて「カマスの干物作り」だよ?ん!













この記事のURL | フィッシング | CM(28) | TB(0) | ▲ top
激闘・爆風デンギング
2007/10/28(Sun)
あいかわらず週末になると爆風が吹き荒れる日本列島。
ライトリガー(のつもり)にとって非常につらい状態でございます。


にもかかわらず、行ってきました。
やはりデンギングの道を究めるためには「爆風がどうのこうの・・・」と言ってられない。
この道の達人マーキーしゃんとの合同操業でございます。
(マーキーしゃんはアジングの達人でして、デンギングはほしいかのお付き合い程度のものでございますが 爆)


本日のポイント。先々週と同じところであります。

道すがら、いろいろとアジングの話で盛り上がり、あっけなく到着。


先々週よりも激しい風が・・・(涙)

立ち居地を確保するも、波しぶきをもろに被る状態・・・
こ、こんな状態で魚が釣れるんかぁ????
リグをセットしながら、恐る恐るマーキーしゃんの方を見ると嬉々としてセットしてらっしゃる!
さすがは百戦錬磨のツワモノ!!!
シャ?っとジグをキャスト!!!

マ 「う?ん、さすがに厳しいっすね!」

いや・・・厳しいちゅうよりも無謀じゃないっすか・・・(爆)
それとも、何かの修行ですか・・・



しかしである。



マーキーしゃん、メバルヒット!!!
続けてデンゴヒット!!!


さすがである!


これを見せ付けられて燃えないほしいかではない!

爆風に押されて意気消沈しておりましたが、「デンゴを釣る!」の炎がメラメラと燃え上がってきた!


集中!集中!


何回キャストしたか忘れたころ


コンっ!


よっしゃぁ???!


めでたくデンゴをゲット!!!


ほしいかも、やりゃあできるじゃんか!!!


2匹、3匹と釣れる!


最初のうちは風にラインが煽られて、アタリをとることもままならんかったが、慣れというものは恐ろしいもんで、台風並みの爆風であってもアタリがとれるようになってきた。

がっ、アタリはとれるものの、ヒットまでは持ち込めない・・・
どうしてもラインのフケが大きいためアワセが遅れてしまう。
爆風吹き荒れる波止にほしいかの悲鳴にも似た叫びがこだまする・・・



「ちくそぉ????!」



キャストすれば、3回に1回はアタリが出る状況でヒットさせることができない・・・


一方のマーキーしゃんも同じ様な状態。
普段、あまり感情を表に表わすことがない人が


「ちぇっ・・・」


(爆)



マーキーしゃんをして「ちぇっ・・・」と言わしめるほどの状況なのであります。



ほどほどデンゴを確保したものの、アタリがなくなりまして、「さて、どうする?」ということになり、いつもの悪いパターン「ランガン」することに・・・(爆)


だいたい「ランガンする」というのは良くない傾向でありまして、どんどんドツボにはまっていくのが通常のパターンであります。


で、今回は!!!






やっぱりドツボでした・・・(爆)




手を変え、品を変えやってみましたが、どこへ行っても答えは同じ・・・
「やっぱり最初のポイントでがんばっときゃえかった」といのがお決まりのセリフでございますよ???!(爆)



疲れ果てて、戦闘終了。



帰り道でも、アジングについての熱いセミナーが開催され、実釣以上に収穫のある釣行でございました。


マーキーしゃん、今回もお疲れさまでした!
で、あれからまたしゃくりに行ったん???(爆)






カメラが潮を被っちゃ困るので、写真は無しでした・・・




おしまい
この記事のURL | フィッシング | CM(10) | TB(0) | ▲ top
そして、12時間が過ぎ・・・
2007/10/21(Sun)
PM17:00出発。




PM17:35到着。



PM17:45戦闘再開。





まあ、バカです!(爆)



たかがデンゴ。されどデンゴ。
嵌ってしまったものはしょうがない・・・(再爆)



なんでデンゴごときにここまでヤルのか。
自分でもわからんが、とにかく楽しいのである。
そりゃあもっとでっかい『アジ』が釣りたいのはやまやまですが、デンゴしか釣れん。

ポイントに到着した時、先行者が1名。
エギングをされておりまして、一番おいしい立ち居地にいらっしゃる・・・
まあしかたないので、一応あいさつして横に入れさせてもらいました。

今朝よりも潮位が70cmほど高かったので、釣りやすい!!!
ゆっくりとフォールさせることができるからです。
この70cmの差はけっこう大きかったですな。



開始早々からアタリが来る!!!
朝よりも活性が高い!!!
潮の流れもずいぶんと違う!!!




しか?し、釣れるのはやっぱりデンゴ・・・(爆)
まあえっか!



アタリはかなりあるものの、バラシが多い・・・
いろいろとタックルを換えては試してみる。


そうこうしているうちに、なかなかええパターンを掴んだようでフッキングする率が高くなった!!!
これは前回マーキーしゃんが帰り道で教えてくれたタックルに換えた為である!
すごいねぇ???!効果抜群じゃん!!!(最初からやらんところがほしいからしい・・・ 爆)


まあ、ポツリポツリではあるが釣れ続くので先行者の方も気になったのかこちらの様子を伺ってる感じ。でへへ!
今日は某釣具店主催のアオリンピックが開催されてたので日中ずいぶんと叩かれてるはず。
かなり渋い様子である。


で、19時を回った頃に潮止まり。


しばらくアタリがない時間帯が過ぎ、下げが動き出したとたんアジの活性も復活!

ここで今日一のアジがヒット!!!



すかさずバラす・・・とほほ。


気を取り直してキャストすると、ジグが着水すると同時にアタリが!!!
直前の悔しさもあって、強めのフッキングをかますとフックオ?ン!!!
やったぁ?い!!!
スケールを忘れたので正確なサイズはわからんが、デンゴじゃない!!!(爆)
れっきとした『アジ』ですぜ!!!


その後、3連荘でヒットするも、みなアワセが遅れてしまったのか抜き上げ時にバラシ・・・(滝涙)
やはりデカイやつはちゃんとフッキングさせんと泣きを見る・・・

あ???、悲しい。


これが病みつきになる元なんですな。(爆)


しばらく放心状態でありましたが、またデンゴタイムが始まりまして2匹ほど追加。


くだんの先行者の方も先ほどの一人騒ぎを横目でみていらっしゃたみたいで「どうですか?釣れてるみたいですが」と話しかけてこられた。

「まあ、ぼちぼちですわい。デンゴばかりですけどアタリはかなりあるんで楽しいですよ」と答えたら、先行者の方もアジをやってみるとのこと。



ところが・・・悲しいことに時合いが終わったみたいでアタリが全然無い・・・(笑ってよいのか悩むが 爆)


メバル以上に潮の動きに敏感なアジ。
潮の動きが悪くなったとたんにこの始末である。


それから30分ほど粘ったが、ますます潮の動きが悪くなったので戦闘終了となりました。

ふっふっふ、先行者の方、残念でしたねぇ???。
もうちょっと早く切り替えてたら『アジ』が釣れたかもしれんかったのにね!



今日の第二部はちゃんと写真を撮ったぞぉ???!


ねっ!デンゴばかりでしょ!(爆)
これでもけっこう脂が乗って美味いんですよ???!
朝の収穫分は南蛮漬けに!
夜の収穫分は開きに!

だはは???!!!








おしまい




この記事のURL | フィッシング | CM(26) | TB(0) | ▲ top
こんなもんよのぉ?・・・
2007/10/21(Sun)
AM1:30   起床。




AM2:00   出発。



AM2:35   到着。



AM2:45   戦闘開始。









今朝、行ってきました。
アジングです。



前夜より戦闘を繰り広げていたHIROくん、マツケンさんより「爆風警報」が伝えられていたが、どうやら夜半には納まっていた。
ほとんど無風!


初めて入るポイント・・・
手探り状態で始める。


何投目だったか・・・
ティップに違和感を感じ、アワセを入れる。
ヒット!





・・・


デンゴじゃが・・・


その後もデンゴがポツリポツリヒットするものの、グッドサイズに当たらん・・・



戦闘開始から1時間ほど経ったころ、やっと強い引きが!!!


おっしゃぁ???!






・・・







25cmのサバ・・・





空が白みはじめ、デンゴも釣れなくなり戦闘終了・・・



終了間際にマツケンさんがエギングで参戦。
いつもながら長時間がんばっておられる!!!
しばらくエギングのまねごとをしたりお話タイムで過ごすも、マツケンさんが移動するとのことで解散。



久しぶりの完全単独釣行。
ポイントに他の釣り人もおらずじっくりと腰を落ち着けて釣りができた。
が、ここんとこずっと複数で釣りに行ってたので、かなり寂しい感じ。(笑)
釣果が多ければ、気にならんのであるが、少ないとなおさらである。
マツケンさんが来てくれた時はほっとした!(爆)

やっぱり釣りは楽しくなくっちゃね!!!





サバ1(25cm)、デンゴ6(?18cm)
寂しいのぉ????
(寒かったので写真は撮らなかった・・・)





おしまい







この記事のURL | フィッシング | CM(10) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。